人類の生活を第一に考えた発展を遂げた結果、地球の環境が汚染されたという意見が挙がりました。環境問題は私たちの想像以上に深刻化しており、これ以上の汚染や自然への介入を抑えようという動きがあります。IT化は環境を守る一助にもなり、余計なゴミを生み出さないような仕組みを発明することで地球を守ろうとしています。

紙媒体はどんどん無くなり、新しい媒体へ

知識を記録する媒体は時代と共に移り変わっていきます。

いわゆる近代から現代において情報を保存するために、最も多く使われてきたのが紙です。

紙媒体は古今東西で利用されており、日本国内でも重要な情報や資料は全て紙の状態で残されています。

土地の権利書や企業の契約書、政治家や経営者が大事に保管する重要機密の資料なども主流は紙媒体です。

私たちにとって身近な本や新聞なども紙媒体が主です。

しかし、徐々に時代の流れと環境の変化を受けまして紙媒体の使用率が減ってきました。

パソコンの普及によって、今では多くの組織が情報をデータで記録しています。

もちろん紙媒体は健在であり、重要な機密情報や顧客の名簿等はプリントアウトされることが多いです。

一方で日常的に使う普通の情報であれば、データで作成し管理した方が利便性が上という事もあり、行政組織から大学、民間企業にいたるまで今ではほとんどの組織でペーパレス化が進んでいます。

個人レベルでも紙媒体を利用する頻度が減少しているはずです。

普通の新聞の契約をやめ、経済新聞の電子版を契約する人々が増えて来ました。

新聞は情報収集には欠かせないツールです。

しかし毎日配達される物なので、気が付いたら非常に多くの古紙が自宅に溜まってしまいます。

捨てるのも一苦労で費用対効果も高くはないです。

一方で電子版の新聞であれば、情報だけをスマートに閲覧でき、タブレットやスマートフォンで手軽に読めます。

電子ブックの普及も進んでおり、電子書籍を活用する消費者はここ数年で爆発的に増加中です。

以前は日本人には受けないだろうとネガティブな予測がされていました。

日本の住宅事業やライフスタイルの変化、アプリのユーザビリティの向上など色々な良い変化によってむしろ電子ブックは今、社会的に流行っています。

データの方が整理整頓が楽という声もありますし、漫画ファンの間からは好きな作家の本が劣化や破損せず、綺麗なままで残るものなので、むしろ紙媒体よりも重宝すると軒並み高評価です。

雑誌や新聞、そして漫画本などは非常に電子ブックと相性が良いです。

買い続ける事でリアルだとあっという間に本棚が一杯になりますが、電子ブックや電子版の新聞ならハードの容量が一定量を超えるまでは、半永久的に保存していけます。

またリアルの紙媒体だと一度に少ししか携帯する事が出来ません。

電子ブックであれば数百冊の書籍や資料が手のひらサイズの端末に保存出来るため、移動中や旅先でも気が向いた時に気軽に閲覧できます。