人類の生活を第一に考えた発展を遂げた結果、地球の環境が汚染されたという意見が挙がりました。環境問題は私たちの想像以上に深刻化しており、これ以上の汚染や自然への介入を抑えようという動きがあります。IT化は環境を守る一助にもなり、余計なゴミを生み出さないような仕組みを発明することで地球を守ろうとしています。

環境のためにデジタルサイネージへ移行

デジタルサイネージはディスプレイを使った情報発信ツールです。

従来は紙で行われてきた掲示や看板などを電子媒体で行うことで利便性や環境保全を高めることができます。

デジタルサイネージを利用すればそれらのものが不要となり環境に配慮したエコな取り組みになります。

最も大きな影響は消費する資源の削減です。

大きなポスターには多くの木材が必要になります。

そして印刷のための染料には簡単に消えないようにいろいろな研究によって生み出されたものです。

自然に戻すことが困難なものもあり、エコとは言えないものが多く使われていることもあります。

それらを全て利用しなくて済みます。

そう言う意味でデジタルサイネージは環境に優しいメディアと言えます。

デジタルサイネージのメリットは人件費の削減やCO2の減少だけではなく、使いやすさも特徴の一つです。

設置してある場所であれば電源をいれてネットワーク上でデータを送信するだけで準備することができます。

あとは再生するだけで広告や掲示が完了しました。

デジタルサイネージによる情報提供の最大限のメリットは動的であることです。

切り替えの効かない紙の媒体とは異なり画像情報の切り替えが可能です。

場合によってはアニメーションを流すことができます。

一つのデジタルサイネージで複数の広告を時間ごとに切り替えて表示したり、注目の部分に色の変化をつけたりと多くの動的な広告が可能になります。

短期間しか使わない広告を資源と時間をかけて準備するのは環境に配慮しているとは言えません。

特に短時間で行われる情報提供についてはできる限り電子的な情報で済めば大きなメリットです。

デジタルサイネージも電気を利用するため完全なエコとは言えませんが、多くの資源を消費する媒体とは比べ物になりません。

固定の情報提供では限界があることや動的な効果は人の目を引くこと考えられます。

同じスペースで多くの情報を提供することで収入も増加することが期待できそうです。

貼り換えの心配もないので日々の運用が簡単です。

このようにデジタルサイネージのメリットは場所や時間を選ばずに広告が可能です。

情報の入れ替えも一瞬で行うことができるので、時期外れの内容を掲示することはありません。