人類の生活を第一に考えた発展を遂げた結果、地球の環境が汚染されたという意見が挙がりました。環境問題は私たちの想像以上に深刻化しており、これ以上の汚染や自然への介入を抑えようという動きがあります。IT化は環境を守る一助にもなり、余計なゴミを生み出さないような仕組みを発明することで地球を守ろうとしています。

働き方を変えれば、環境にも良い?

今の働き方に満足しているでしょうか。

もっと時間が欲しい、通勤時間が長いのでそれだけで疲れる人が多いかもしれません。

今ではインターネットを利用している人が多いので、仕事にも活用した方が良いです。

高速インターネットがあれば、いろいろなことができます。

在宅で仕事をすれば、通勤時間がなくなるので時間を有効活用できます。

朝早く起きていた人もゆっくり眠れるようになるでしょう。

パソコンをつけるだけで会社に着いたのと同じような状態になるのでこのような働き方はもっと浸透するべきです。

疲れにくくなりますし、睡眠時間が確保できるので仕事の効率化も期待できます。

電車やバス、自家用車を使って仕事場まで行かなくて済むとCO2の排出量を削減することもできます。

移動する必要すらなくなることで自分の体のためになるだけではなく、地球環境のためにもなるので良いことばかりです。

移動時間が2時間や3時間かかっている人もいます。

新幹線通勤ともなれば、かなり移動だけで疲れがたまるかもしれません。

通勤時間がなくなることで、これまで時間を無駄にしていたと感じる人もいるのではないでしょうか。

なかなか時間を節約することが難しいのでインターネットがあるのならば、在宅勤務を会社が導入した方が良いでしょう。

会社に行かないといけないシチュエーションとして、会議が考えられます。

しかし、高速インターネットがあればパソコンを使って会議もできます。

実際に、導入している会社があり、スムーズに会議が行われているので、まだ導入していないのならば最新のシステムを入れれば快適です。

なるべく企業はコストカットしたいので、在宅勤務を導入して社員の定期代を節約するのも良いかもしれません。

社員のためだけではなく、会社のためにもなるので働き方を企業単位で見直す時期が来ているのでしょう。

在宅勤務にはメリットがこれだけあります。

デメリットの方がずっと少ないはずです。

初期費用はかかってしまうでしょうけれども、長い目で見て考えてみてください。

現代人はとても疲れていますし、子育てや介護をしている人ならより一層疲れがたまっています。

忙しいと働き方を変えることを考えなくなってしまいますが、システム開発している企業などが在宅勤務に必要なシステムの開発を行なっているので、ちょっと調べてみませんか。

良いシステムが見つかるかもしれません。

環境問題にも直結する問題なだけに、前向きに検討する企業が増えるべきです。